秋冬の季節になると、スカーフやストールの巻き方の本が
必ず出版される傾向にあります。
ところが、「意外と役に立たない」という声も聞くのはなぜでしょう?

HOWTO本

問題点をお伝えします。

本に載っているストールの素材感、質感、サイズ、(色柄)は、
自分の手持ちのストールと合致しなければ、同じようには装えるはずもない

特に、素材とサイズは大きな要素です。
あなたの手持ちのストールは、それと同じですか?

巻き方の手順がわかっても、素材との相性があります。

ストールのメーカー名の記載は、スポンサーの宣伝目的の告知です。

手順は、以前よりコマ送りな感じで画像で説明していますが、
カメラの位置のポイントが違います

カメラの位置が悪いので、
どこに差し入れたらいいのか?
どこから引き抜いたらいいのか?。。。わかりにくいのです。

これは、巻き方を伝えるべくスキルを企画サイドが知らないからです。

人間は、説明文よりも画像からのほうが理解しやすいです。
画像でわからなければ、説明文を読んでみてもわからないと諦めてしまう読者が多いです、

ストールを巻く前のひと工夫は表現されるようになりましたが、
肝心の巻いた後のひと手間については全くふれていません

巻く前の扱い方の説明は充実していますが、
巻いた後のことについては全く無関心です。

巻きっ放しは、そこそこの仕上がり
巻いた後の手間は、手を加えて意識した分、間違いなくそれなりの仕上がりになります。

巻いた後の手数で決まるのです。

服との丈やボリュームバランス、色柄の合わせ方を始め、
装う人の身長や体型など限定的なことは敢えてふれていません

モデルさんありきで、
スタイルのいいモデルさんだからステキに見えるってこと、忘れないでください。

いかに、ストールを巻いた容姿をステキに魅せるかがファッション系の出版物です。

自分に置き換えたらと、考えてみてくださいね。

HOWTO本は、ファッションアイテムとしての視点のみです

あくまでも、ファッションアイテムのなかのひとつという視点です。

視点を変えれば、他に役立つ活用法がたくさんあることはお伝えしない方針なのでしょう。

ステキなモデルさんや高価なブランドのストールで
価値を上げて魅せています

見方によっては、単なるストールの通販カタログです。

確かに、魅せる手法も大事ですが、
もっとHOWTO本の役割を果たしていただきたいです。

既に出版挿された本には、
ただ左右を入れ変えただけとか
ストールの種類を変えただけ。。。なんてのもあるんですよ。

既定のページを消化しているだけのチープな情報です。

100%の満足はなくても、もう少し親切なHOWTO本なら

実用的でなければHOWTO本ではないはずです。

上澄みだけの内容に、お金を払う価値はないかもです。

 

ぬのこころでは、
これらの欠如しているところに気がつき、
不満があるからこそ
しっかり理解していただけるよう直接お伝えするシステムです。

需要があるなら、
期待通りに応えていただきたい。
来年は、どんな内容になっているでしょうか?

HOWTO本も動画も、実はここまでが限界なんです。
うまくできなくて当然といえば当然。
なぜなら、
あなたの手持ちのストールは、同じではないからです。
加えて、直接伝えてもらえないからです。