スカーフストール巻き方HOWTO本は役に立ちません。
最近、スカーフやストールの巻き方の本が多く出版されています。
「意外と役に立たない」という声も聞くのはなぜでしょう?

HOWTO本

問題点は、

  • 本に載っているストールの素材感、質感、サイズ、(色柄)は、
    自分の手持ちのストールと合致しなければ、同じようには装えない。
    特に、素材とサイズは大きな要素です。
    ストールのメーカー名の記載は、宣伝目的です。
  • 手順は、以前よりコマ送りな感じに画像で説明していますが、
    カメラの位置がピンポイントになっていません。
    どこに差し入れたらいいのか?
    どこから引き抜いたらいいのか?。。。など明確さに欠けてます。
    人間は、説明文より画像からの理解を求めがち。
    画像で分からなければ、説明文を読んでも分からないと諦めてしまう傾向があります。
  • ストールを巻く前のひと工夫は表現されるようになりましたが、
    肝心の巻いた後のひと手間については全く記載なしです。
    巻く前の扱い方の説明はありますが、巻いた後については無関心ですね。
  • 服との丈やボリュームバランス、色柄の合わせ方を始め、
    お召しになる方の身長や体型など限定的なことは敢えて触れてません。
    モデルさんありきで、パーソナルなことは触れていません。
  • HOWTO本は、ファッションアイテムとしての視点のみです。
    ファッションアイテム以外の活用法には視点がありません。
  • 素敵なモデルさんや高価なストールの商品の影響で
    よく魅せています。
    全ては、現実的でなく単なるストールのカタログです。過去の本には左右を入れ変えただけ、ストールの種類を変えただけ。。。なんてのもあります。
  • 100%の満足は得られず、期待以下
    眺めているだけじゃなく、実用的に実践しなければHOWTO本ではないです。

この欠けているところを、私はしっかりお伝えしたいのです。

需要があるから出版するので、期待通りに応えてもらいたいですね。

私は、HOWTOを買っても分からないかたに
直接お伝えすることで習得率を上げていただく方針です。