皆様は、”服を着る”意味って考えたことがありますか?
色々な考え方があると思いますが、
私が考える意味のひとつをお伝えします。

 

大昔は、裸・・・
そして、古来からの教えによって、
だんだんと外敵や寒さ暑さから身を守るために服らしきものを羽織るようになりました。

次に、職業や仕事を示すユニフォームや集団組織の所属を表す学生服など記号の役目があります。

ここまでは、機能性です。

 

自己表現のひとつ

ここの自己表現にそれぞれの価値観あります。

凡そ「着ている服」が「自分自身」となれば、
他の方の目には、どんな風に映っているのでしょうか?  気になります?

「着ている服」って、かなりのメッセージ性もあるってことですね。

自分発信の服が、自分以外の方の為なら 「身だしなみ」や「TPO」を意識したことになります。

加えて、好印象や好イメージを与えることも・・・過度な「見た目依存」も
選ぶ服にはビジネス色や目的が最優先します。

反対に、自分の為の自分服・・・自分の存在の意識

自分の心と対話して・・・自分の世界観や嗜好・・・まさに自己表現かな

服はその人の生き方や本質を表現する~その人そのままを
選んだ服は自分自身の気持ちが最優先します。

2,3年前から、哲学者視点やファッション界視点からこの類の本や資料を読み漁りました。

改めて、着てみたいとか、ウキウキするとか、しっくり感がいいとか・・・
自分の気持ちや感性を大事にしたものを着ていきたいと思うようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三宅一生氏より

「衣服のために人間がいるわけでなく、人間のために衣服がある。

衣服は平面の布を立体である人体に着ることで成り立つ。」

最後に、原美術館で開催されていた 杉本博司氏 「ハダカから被服へ」の冊子より

 

「なぜ、私達人間は服を着るのだろう。私達は装い装う。私は私以外の何者かになりたい。

いや、私であるためには、私は私を装わなくてはならない。

現代文明のただ中では、裸は許されない。私は裸の自分を感じる。私は着せ替え人形だ。

毎日服を着て、私は私を演出する。

他人はあなたの装いを見て、あなたを認知する。

それがあるにしろ、ないにしろ、私は私の知性を装い、私の資産を装い、私の嗜好を装う。

装いは服だけではない。

私の表情、私の仕草、私の眼の翳り、それらは自動的にあなたの着るものと連動している。

あなたの意志とは係わりなく、あなたの着る服が、あなたの表情を決める。

あなたは、あなたの服の気持ちになる。

顔というあなたの仮面は、あなたの服に最もふさわしい仮面を選ぶ。

大昔、私達が裸で暮らしていた頃、私達は幸せだった。」

 

当たり前に着ている服ですが、意識が変わりませんか?