オーダーメイドでなくても、
自分のジャストサイズは知っておくことは大切です。

正確な数字で把握しておくと、
自分にフィットしたリアルサイズのスタイリングが完成します。

自分の肩幅を計る

自分の肩幅を、きちんと計測して正しい数字で確認しておきます。

肩幅の計り方は、
首の基点から肩の基点まで体の添わせてメジャーで計ります。
首の基点=少し頭を下げて、後ろ首の骨を押して一番 でっぱている部分です。
肩の基点=腕を下ろして肩の骨を押して一番でっぱている部分です。

因みに服で計る場合は、
肩先の縫い目から襟の付け根の中心までです。

意外と肩線が中に入るので、思っているより小さかったりします。
私は37㎝です。

肩幅

 

手持ちの服でサイズを知る

次は、手持ちの服を計測してサイズを知っておくと便利です。

  • 着丈を知る
    着丈は身長に依ります。
    長過ぎても短過ぎてもバランスが崩れてしまいますので大事です。
    一般的なジャケットの場合は、ヒップの一番幅広のところがベストと言われています。
    手持ちののジャケットで、自分で納得した着丈と思う一着の丈を計ってみます。
    襟の付け根から裾の先端までを垂直に計ります。
    その数字を把握しておくと、サイズ表や試着時に目安となります。
    同様に、コートやセーターでも確認してみてください。
  • パンツ丈を知る
    パンツ丈は股下で計ります。
    手持ちのパンツで○○㎝なら自分の足のどこまでかを知ることで
    購入時やお直しの時の参考になります。ワイドやクロプト、スキニーなどのタイプ別でも
    把握しておくといいです。
    ワイドは70㎝
    クロプトなら67㎝
    試着時の裾上げで、
    ピンで留めた○○㎝の裾上げより股下○○㎝と伝えた方がより確実になります。
    もちろん、靴を履いた状態で計ることです。
    靴のヒールの高さも考慮してください。
    デニムは、裾折りして履くこともできますね。
    今後のために、手持ちのパンツの丈を一度チェックしてみてください。
  • スカート丈を知る
    パンツと同様に、手持ちのスカートの丈を計ってみてください。
    身長や履く靴のヒールの高さを考慮してください。
    足首を見せたロング
    膝が隠れるミモレ
    ふくらはぎの一番太い部分の中間のミディ
    ワンピースの着丈にも応用できると思います。

メジャー

リアルなサイズのシルエットでスタイリング

特に大切な肩幅、着丈、パンツとスカート丈についてお伝えしました。

年齢を重ねると体型の変化からか、大き目なサイズを選びがちです。
ゆったりで安心かもしれませんが、
ちょっとの誤差が、シルエットに大きく影響してしまします。

後1㎝肩幅が中に入っていたら見え方が違うのに。。。
後少し、裾が短かったらスッキリ見えるのに。。。
残念な着こなしになってしまいます。

折角なら、
リアルなサイズで見てもらいたくはないですか?