暑い季節には、麻のシャツが心地いいです。
首に巻くストールさえも暑苦しく感じます。

前開きのシャツカラーのボタンを全部留めたスタイルが好き

シャツのボタンを上から2~3開けて後ろの襟を立てたりしたら、
首元スッキリの大人なスタイルになります。

襟を開けることからの解放感と大胆な感じをなくし、
暑さでだらしなく見えない
上から下までボタンを全部留めた生真面目なシャツの着こなしが好きです。

この場合のストールはどうしたらいい?

ということで、ご提案です。

コーディネート

白の麻シャツとグレーのデニムに
ペイズリー柄の紺白の麻のストールをただ肩から掛けているスタイリングです。
なびくストールがアクセントになります。

一番上のボタンを留めたポイントを生かして
ストールを巻いたりアレンジしたりはしません。
首元にボリュームがあると
暑苦しく見える、自分が暑苦しいのもたまりませんものね。

なびかせることで風を感じ、
涼し気に見せます。

冷房の効き過ぎた車内では、
この一枚があるのとないのとでは体感温度が変わりますので
機能性もOK.

最近気がついたのですが、クリス松村スタイルです。
ストールを首から掛けている感じ。

小物は細部までこだわります。

小物は
ガンメタの靴にラメ入りのシルバーな靴下
ストールの縁取りがベージュになっているので同じ色味のバッグ
ハンカチも白の麻で決めます。

自己満足なことですが、
例えハンカチ一枚でも違和感のある色にならないよう意識します。

トータルの見た目で、
ピンク色のハンカチは選びません。

必然と、自分の色合いのものがワードローブに集合します。

 

ボタンをするしないのシャツの印象と
ストールのあしらい方をお伝えしました。