暑い季節には、麻のシャツが心地いいです。
首に巻くストールさえも暑苦しく感じます。

前開きのシャツカラーのボタンを全部留めたスタイルが好き

シャツのボタンを上から2~3開けて後ろの襟を立てたりしたら、
首元スッキリなスタイリングになります。

襟を開けることからの解放感と大胆な感じから遠のき、
暑さでだらしなく見えないような装いを考えます。

シャツの前ボタンを上から下まで全部留めた生真面目なシャツの装い方が好きです。

ボタンをすることで、
着崩れない
きちんと見える印象
シャツのシャープな印象を和らげる
そんなイメージからの装いです。

この場合のストールはどうしたらいいかな?

ということで、ご提案です。

コーディネート

白の麻シャツとグレーのデニムに
ペイズリー柄の紺白の麻のストールをただ肩から掛けているスタイリングです。
なびくストールがアクセントになります。

一番上のボタンを留めたポイントを生かして
ストールを巻いたり固定するアレンジを、敢えてしません。
首元にボリュームがあると
暑苦しく見えてしまう、
まして、自分が暑苦しいのもたまりません。

動きをポイントに
ストールをなびかせることで風を感じ、
涼し気に見せる狙いです。

固定したアレンジではないので
安定しない
外れやすい
難点もありますが、
麻のシャツと麻のストールの同じ素材感で摩擦が起き、
スルリと外れはしない計算です。

ところで、
冷房の効き過ぎた車内では、
この一枚があるのとないのとでは体感温度が変わります。
ただ単に、ファッションでストールを装うのではなく、
機能性も備えている一枚です。

最近気がついたのですが、クリス松村スタイル。
ストールを、ただ首から掛けている感じ
ご覧になったことありますか?

小物は細部までこだわります

小物は
ガンメタの靴にラメ入りのシルバーな靴下
ストールの縁取りがベージュになっているので同じベージュのバッグ
ハンカチも白の麻で揃えました。

自己満足なことかもしれませんが、
例えハンカチ一枚でも違和感のある色にならないように意識します。

いくらピンクがラッキーカラーでも
この装いにピンク色のハンカチは選びません。選べません。

不思議なことに、自然と自分の色合いのものがワードローブに集合します。
潜在的な意識が働いているのでしょう。
そういうスタイリングを理想とし、目指し、意識して
結果、それが美しいとか好きという感情が生まれるからと考えます。

だから、
ボタンを全部掛けたシャツスタイルが、
わたしは好きなんです。