クローゼットが目いっぱいのぎゅーぎゅー詰め
風通しのいいクローゼットは、着る人の心も棚卸し。

5年前のわたしのクローゼット

5年前、手持ちのワードローブに不満を抱えはじめました。
クローゼットは130%の容量オーバー
黒い色の服が多く
容量も色からも、なんて暗くて重い感じなんでしょう。。。
まるで、暗黒の世界

こんなに服はあるのに、着る服は決まっているのです。
ワードローブ稼働率は50~60%くらい、半分を行ったり来たり
そんな現状に疲れて、見直すことに奮起したのです。

理想の容量は、70%

まずは、中味を全部出して、着ない服と着ていない服をチェックして分別作業

着ない服の決め手は、
サイズ
デザイン

もう、着たくないという気持ち

着ていない服は、
着ていくTPOを選ぶ
着る機会がない
まだ、着たいという気持ちはある

容量オーバーは深刻

容量オーバーの弊害は深刻です。
埋もれていく服
存在すら忘れ去られる服

これでは、悪循環で
同じようなデザインの服も買い兼ねないから、
同じような服が複数枚

全てを把握できない現状です。

お恥ずかしい話ですが、
買い物(セールも含め)が好きで「買う」という行為で満足していたと猛反省。

お金も
収納スペースも
着る服を選ぶエネルギーも
無駄としか言いようがありません。

もっと違うことにエネルギーを注ぐべくですよね。
こんなところで、あたふたとしていては勿体ないばかりです。

生涯かけても着きれない服、
きちんと厳選する
厳選した上で買い物をする
改善点です。

クローゼット

容量70%なら、稼働率100%も夢じゃない

容量70%、稼働率100%が理想です。

ワードローブのアイテムも年齢と共に心にも変化が訪れます。

自分ののライフスタイルを分析して
主婦 : 仕事 : 自分時間 = 3 : 4 : 3

おおよその割合から、必然的にアイテムも必要枚数も概算できるのです。

身の丈に合った質と量なら、100%心も満足なはずです。

長く愛用したものから、その人自身が見えてくる

ワードローブが整うことで、これからも着続けていきたい一着がわかるはず。

永く着続ければ愛着が湧き、自分だけの愛用品と生まれ変わります。
そこには、着る人の生き方やスタイルが必ず見えてくるのです。

着る服には、その人自身が映ります。

あるギャラリーの作家さんとの会話で、
「このカシミアのセーターは、もう10年以上着ているんだけれど、穴が開いては繕って着ているの。
どうしても、手放せないのよね。」

愛着のあるセーターは繕ってでも着続けたい。
そういう姿勢、そこまでほれ込んだ一着があることが羨ましいです。

そのかたのカラダと心に馴染んだ一枚のカシミアのセーターは、
実は、その人自身と感じるのです。