年齢を重ねるとともに、
「いかに賢く服を着るか」を考えます。
賢く楽しめるコーディネートのご提案です。

白とブルーの2色コーディネートから

靴とバッグの色を変えるだけで4通りのコーディネートが完成します。

2色コーデ

 

白のレースシャツ

デニム

白とブルーの柄のリネンストール

白の靴

白のバッグ

 

 

これを、もとに展開していきますが、服は一切変えません。

 

2色コーデ2色コーデ2色コーデ

ご覧のように左から、

白の靴   × 白のバッグ で靴とバッグを白で統一して、白を多めにして涼し気に

白の靴   × ブルーのバッグ でバッグの色をデニムカラーと繋げてブルーにチェンジ

ブルーの靴 × ブルーのバッグ で靴をブルーで繋げて足長効果

ブルーの靴 × 白のバッグ で上半身は白、下半身はブルーでもストールで中和

さて、いかがでしょうか?

白とブルーの靴とバッグを入れ替えただけで、
微妙かもしれませんが、それぞれの雰囲気が変わります。

白とデニムのブルーは、
何にでも合わせやすい鉄板の組み合わせです。

このように、
服だけでなく靴やバッグの小物の色も合わせ持つと
難なく、トータルに調和することができます。

 

これには、
自分のワードローブの選んだ色を把握していないとできないことです。

ここまでたどり着くまでに
わたしも、たくさんの失敗と時間、お金、エネルギーを使ってきました。

そして、全体的になじませるスタイルが、
心地がいいことに気づき、それを自分のスタイルとカタチにしてきたのです。

なので、ほぼプラン通りに靴やバッグの色を揃えました。

全体の色の数を抑える

全体の装いで色の数を抑えること、
これは、洗練度を高めるひとつのスキルです。

ぬのこころは、2~3色をお薦めしています。

その法則は、

ベーシックカラー+1色 or 2色

ベーシックカラー+ベーシックカラー

ベーシックカラーに色をプラスする

ベーシックカラーとベーシックカラーを合わせる
これは、ケンカしない組み合わせです。

ベーシックカラーは、
黒、茶、グレー、紺(デニム)、ベージュ、白と考えます。

あなたの服のベースとなる色は何色ですか?

ベーシックカラーに、1或いは2色をプラスして組み立てます。

色は
色相。。。色み
明度。。。明るさ
彩度。。。鮮やかさの3っつの属性から成り立っています。

他に、色相+(明度+彩度)=トーンがあります。

例えば、赤には、真っ赤、暗い赤、深い赤、渋い赤など多様です。
これらを赤トーンのグループと考えています。

プラスする色をトーンのグループで考えて組み立てます。

画像で説明してみましょう。

2色コーデ

こちらのブルーで見てみると、

デニムのブルー

バッグは、革の素材からくすんだ厚みを感じるブルー

靴は、明るめのブルー

リネンストールのブルーは、
素材感も含めて透け感のある明るいブルー

 

 

 

大きな括りでは、ブルーでも
それぞれ色みや素材で特徴のあるブルーです。

この微妙な差異によって、コーディネートに奥行きができるのです。

季節でも変わります。

ご自分のワードローブで、
洗練されたコーディネートを作ってみてはいかがでしょうか?

ご相談やご要望があれば、どうそこちらまでお問い合わせください。

>>>お問合せはこちら

 

 

多色遣いの装いもありますが、
これを着こなせる人はなかなかのアーティスト、
別世界のかたと認識しています。
それはそれでステキですね。

ぬのこころは、シンプルで心地よく馴染むスタイルが好きです。