スカーフやストールを違う視点から捉えた活用法として
防災減災に役立つことを伝えています。

防災プロジェクト結成

今年度より、
防災プロジェクトを結成し、「非常時に備える、毎日の暮らし」の講座を開いています。

防災減災に役に立つ「衣食住」の基本の目線からの内容にもなっています。。

防災減災の意外と知らない知識や情報
「衣」スカーフストール一枚の布の防災力
「食」ポリ袋クッキングやソーラークッキング
「住」避難生活に役に立つ子ども向け手遊びや防災に備えた整理収納、HUG

各々の分野の得意で防災減災に役立つことを伝えていきたい講師4名でのコラボ講座です。

この講座を続けていく意義は

「3.11」を風化させない

防災、減災の意識を忘れないため です。

違う視点からのストール遣い、防災目線の一枚の布遣いです。

このプロジェクトの立ち上げで
スカーフやストールを一枚の布として考えた多角的な可能性からぬのこころが発案しました。

主に、ふたつの設定で
もしも、外出時に緊急事態があった場合、ストールを巻いていたなら

避難生活における布一枚の多角的な活用法

スカーフやストールの結び方巻き方のスキルが意外と役に立つのです。

「一枚のストールの非常時での使い方にびっくりです」
「ストールがこんな風に使えるとは、知ることができて良かった」

嬉しいご感想からも
新たな視点でストールを活用できることを知っていただけたようで
この講座の意義を再確認できた次第です。

今後は、短い時間でもデモストレーションではなく
実践も組み込んでいきたいと考えています。

それは、
見ているのとやってみるとでは記憶に残る度数が大きく違うからです。


知らないよりは知っていた方がいい

きっと、他のことでも役に立つことがある
災害だけでなくキャンプにも役に立つと受講者さまに教えてもらいました。
情報の交換です。

加えて、
このプロジェクトによって、
「備えあれば憂いなしの」意識も根付かせる”きっかけ” になってくれることも狙っています。
 

「災害は忘れた頃にやってくる」
いざという時のために、日頃から防災減災を意識して、
一度シュミレーションをしてみると我が家の防災減災が見えてきます。

この小さな積み重ねで、
これからも地道に活動を続けて社会に向けて発信裂いていく意志が講師にはあります。

ぬのこころでは、
防災減災講座に関わらず、通常の講座の中でも知識としてお伝えしています。
個人的な意志ですが、続けていきます。