暑い季節はタオル地のストールを好む方が多いです。
ですが、ただ巻くだけではただのタオルと見られてしまいます。

タオル地のストールが人気

汗をかく季節は、タオル地が人気です。

肌触りがいい
吸汗性がある
洗濯が楽

今は、手頃なタオルのストールが売られていますね。
色も柄も豊富です。

とはいうものの、
人目をはばからずにタオル地のストールで汗をぬぐっている光景はあまり見たくないかな。
もう、ストールでなくタオルとして使っているのが見え見えです。
明らかに、機能性重視ですかね。

タオル地ストール

ちょっと体裁のいい巻き方を知りたい

普段遣いでも
山へお出掛けでも
配達の仕事でも
タオル地が人気なんです。

「ちょっと体裁のいい巻き方を教えて」
実は、ご質問ご要望とても多いのが現実です。

ということは、
ストールとして巻きたいという願望があるということ、
ストールとして購入したけれど、どう巻いたらいいのか分からないということですね。

タオル地のストールをただのタオルと思われないように巻きたいのが本音なんです。

タオル地ストール

首元にぐるぐる巻いても、意外と暑苦しくないのもタオルの特徴。

そこで簡単な巻き方をご提案します。

ひと巻きして、両端を輪に上から差し入れました。
フリンジを広げてデコレーションを作り、右か左に寄せます。
ぎゅっとタイトにあしらうのではんく、
ふわりふわりと少しゆるい感じであしらった風合いもストールらしく見える要素になります。
摩擦もあるので外れる心配もなく
紫外線から首元をしっかりガードしてくれます。

いかがでしょう?
ストールらしくなりました?
ちょっとの工夫が、”ただのタオル” か ”タオル地のストール” かの分かれ道になります。

ゆるくふわりと巻く
両端を敢えて広げる
右か左どちらかに寄せる

この3ポイントを意識してみてください。

タオル地の賞味期限

タオル地はお洗濯を繰り返すと、それなりに劣化してきます。

さすがに、
タオル地の糸が飛び出したり、ボロボロになったら首元に巻いてお出掛けは厳しいです。
もう十分にストールとしての役目を終えました。

傷んだら、迷わずただのタオルとして使いきるのもひとつです。
まさにエコロジーな生活

新しいうちはストールとして
傷んできたらタオルとして
主婦歴からのご提案です。

タオル地はとても人気なので、
もう少し見た目もおしゃれなデザインだといいですね。
これから、もっと需要や要望があれば進化の余地はありそうです。

ここ最近では、
ガーゼ素材
UV加工
などのストールが季節と共に店頭に並び始めます。

タオル地もいいけれど、木綿の手拭いをお薦めですよ。

日本手拭いで夏奈ではのスタイリング も参考に。