スカーフにもストールにも表と裏があります。
表と裏の考え方や見方のご提案です。
アート好きからの発想です。

スカーフの裏表の判断

正方形シルクスカーフの表裏は、色の強弱や艶の有無で判断されます。

そして、もうひとつは縁の始末で判断するのではないでしょうか。

機械でかがっている縁は、簡単に判断できます。
ところが、職人さんが手でかがった縁に戸惑う方が多いです。
ひと針ひと針の手縫いは、立体感のある縁になるので分かりにくいようです。
表と判断したら、縁は裏のような出来栄えになっているからです。

縁かがり

メーカーのコンセプトから
手仕事の縁かがりは、トリミングのような表情になります。
わたしの手持ちでも、エルメス、ニナリッチのスカーフの縁は手かがりです。

もうひとつは、タグの付き方です。
裏の縁に添って縫いつけられたタグも目安になります。

ストールでは、
色と風合い、タグの付き方(タグも表に付けれていることもあります)が目安になります。
裏表が、あまり分からないものも多くあります。

表と裏を生かすストールの巻き方

殆どの方は、裏が見えないように表だけを出すことを意識して巻きます。
当たり前と思われますね。
確かに表地は、発色もよくきれいに映ります。

ぬのこころでは、
裏地を敢えて見せることで、表地を引き立たせる巻き方をお伝えしています。
濃淡や明暗、風合いの差異を生かして陰影を施すのです。
視覚的にも立体的な表情を作ります。

素材を動かして、更に立体的に仕上げれば
平面に巻くよりもグッとスタイリッシュな巻き方に変わります。

全ては、スカーフストールの色合いをよく観察して
手で素材感を把握することが重要です。

裏あっての表
表あっての裏

互いを引き立てあう相乗効果で仕上がりに差が出ます。

一枚の布をそのまま受け入れて、いかに生かすかの手間を惜しまないでください。

これは、絵画の描写から独自に考えたオリジナルなスキルです。
美術鑑賞と絵を描くことの経験が持ち味になりました。

リバーシブル

リバーシブルのストールは、両面が表裏にスイッチできます。

同じような色や全く違う色、無地と柄、柄違いなどたくさんの組み合わせがあります。
服や小物などのバランスを考えて、表と裏面の面積を加減することがポイントです。

そのさじ加減で、
いかようにもアレンジができることで楽しめます。

二度と同じに巻けない
巻くたびに表情が変わる、変えられる
そこが面白い

アイデアを生むなかなかの素材です。