透け感のある素材は涼し気で暑い季節にはもってこいです。
でも、インナーの合わせ方が今ひとつわからない。。。
年齢を考慮した上品なインナー選びをご提案します。

インナーは、見えること前提を意識して

透けて見える前提を意識して、慎重に選ぶことをお薦めします。
透けている部分は、全部見えてしまうのですから。

注:透ける素材は、脇の表示ラベルが意外と目立ちます。
ギリギリのところで切った方がいいです。

インナーが悪目立ちしたり下品な装いにならないようにするには
どうしたらいいのでしょう?

色の合わせ方、デザインなどを考慮してみましょう。

 

インナーの色合わせ3パターン

無地を選ぶことが原則です。

無難な色は、ベージュ(肌色)です。
ベージュを選ぶメリットは、
透け感のあるトップスに響かないことです。
どちらかというと、下着感覚になりますね。

トップスの色と合わせてもOKです。
例えば、
白の麻シャツに白のキャミソール
紺色のサマーヤーンのセーターに紺色のノースリーブ
アンサンブル風に
同じ色なので馴染みます。

インナー

ボトムスの色と合わせて選びます。
グレーのパンツにグレーのインナー
デニムに紺色のインナー
透け感のある素材が、同じ色で繋げた上下を和らげてくれます。

インナー


インナーの色の
目立ち過ぎは、いい印象でなくなります。

トップスの邪魔にならない色選び
トータルに馴染ませた色選びが
上品に着こなすポイントと考えます。

 

インナーのデザイン

下に着るタイプは大きく分けて2つです。

肩ひものキャミソール
ランニングタイプのノースリーブ
いずれもブラトップが便利です。

キャミソールは、
肩ひもなので軽やかで女性ならではのデザインですね。

キャミソール

ノースリーブタイプは、
肩ひもが苦手だったり、透け感を擁護した感じです。

ブラトップ

(画像はユニクロHPから拝借しました。)

透けることで誤解されないために

下に着ているものが透けて見えることは、
セクシーな誤解も受けやすいです。
全くそのつもりはなくても誤解されるようには着たくありません。

年齢が高くなるほど、きちんと着ることが上品に見えるコツです。
きちんと着ることは、気取って着ることではありません。
着崩す着こなしも、だらしなさに見えてしまうリスクもあります。

透け具合もきちんと確認した方がいいです。
理想としては、少し透けるくらいが丁度いい感じです。

そうなると、丸見せなシースルーは全くお呼びでないですね。

 

全体が透け素材でなく
袖の部分だけ
前身頃だけ
肩の部分だけ
デザインによるものもありますが、
透けて見えるところは、インナーも意識してください。